PAGETOP


HOME 業務内容 事務所概要
Q&A ブログ ポリシー

アパートの空室と相続評価(2)
2020年09月15日

 仮に、アパートの一部が空室であったとしても、貸家と貸家の敷地として評価してよい場合があります。  継続的に賃貸していたものが、一時的に空室になっている場合がそれにあたります。 この場合の「一時的な空室」とは 〇各独立部分が課税時期前に継続…

>>続きを読む
アパートの空室と相続評価
2020年09月14日

土地の有効活用と相続税対策の視点から、アパート経営が広く行われています。 貸家の土地は、評価額が安くなるからです。(貸家建付地と言います。) 建物にテナントがいるため、他人の権利が入ってしまい、地主としての利用が制約されるからです。 1)入…

>>続きを読む
持続化給付金、まだまだ間に合います!
2020年05月26日

50%売上減(前年比) の場合、給付金でます。 今年(2020年)1月から12月どの月でもOK 法人・200万円、個人・100万円 ※但し、売り上げ減少額に応じた上限額があります。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事…

>>続きを読む
お客様へ 業務の仕方について
2020年04月10日

いつもお世話になりありがとうございます。 新型コロナの感染の拡大が全く収まらない環境ですので、 お客様のご要望やご指示があれば、訪問を差し控え、下記の対応をいたします。 遠慮なくお申し付けください。 ・TV会議システムによるご報告・相談 ・…

>>続きを読む
資金繰り支援について コロナウイルス対策
2020年04月10日

未曾有の危機に対して、特にお客様の資金繰りについて、金融機関との交渉、書類の作成など、最大限のお手伝いをいたします。 どうぞ申し付けください。 最新の情報を逐次ご案内いたします。 経済産業省 https://www.meti.go.jp/p…

>>続きを読む
土地と消費税
2020年02月26日

〇土地の売買 土地の譲渡は、消費税は、「非課税」です。 土地の譲渡は、本質的な意味で付加価値を生むものではありません。 あくまでも、資本の組み換えとして考えられています。 〇土地の貸付 土地を貸した場合の賃料(地代)も、同様の理由から、消費…

>>続きを読む
謹賀新年
2020年01月06日

あけましておめでとうございます。 お客様の事業がさらなる発展を遂げられますように、ベストを尽くす所存です。 本年もよろしくお願い致します。

>>続きを読む
不動産取得税(2)
2019年11月27日

税率 基本となる税率 4%  (標準税率と言います) 現行税率  土地       3%  (令和3年3月31日まで)  住宅       3%  (令和3年3月31日まで)  住宅以外の家屋  4% 税額の計算方法  不動産の価格  × …

>>続きを読む
不動産取得税(1)
2019年11月27日

不動産取得税とは、不動産(土地・建物)を取得した時に課税される都道府県税です。 余り馴染みのない税金で、ご存じない方も多いのですが、土地や建物を動かしたときにかかる税金で、金額も意外と大きく、現実的には重要な税金と言えます。 これから何回か…

>>続きを読む
多世帯同居とローン控除
2019年11月27日

自宅について、3世帯同居改修工事を含む増改築をして、居住の用に供した場合、住宅借入金の年末残高の1000万円以下の部分の一定割合を所得税から控除できます。 控除期間:5年間 借入金:1000万円以下の部分(年末残高) 控除率:特定多世帯同居…

>>続きを読む