PAGETOP


HOME 業務内容 事務所概要
Q&A ブログ ポリシー

私たちは、税理士を中心に、不動産鑑定士・公認会計士・司法書士・弁護士・社会保険労務士・一級建築士など各分野のプロフェッショナルをネットワークで結び、お客様のビジネスの課題に幅広く的確にお応えし、不安を安心に変える架け橋をつないでいきます。
いつ、どこにおいても、どんなことでもご相談ください。“縁の下の力持ち”的な存在として、公正な立場を貫き、皆様をサポートいたします。
PICK UP INFO
ピックアップ記事

 仮に、アパートの一部が空室であったとしても、貸家と貸家の敷地として評価してよい場合があります。  継続的に賃貸していたものが、一時的に空室になっている場合がそれにあたります。 この場合の「一時的な空室」とは 〇各独立部分が課税時期前に継続…

What's New!