PAGETOP


HOME 業務内容 事務所概要
Q&A ブログ ポリシー

労働者派遣法の改定3
2022年01月19日

雇用安定措置に関する派遣労働者からの希望の扱い 雇用安定措置は2015年の改正ですでに取り入れられている規定です。 具体的には、派遣元は派遣労働者の派遣期間が終了した後に派遣先での 直接雇用を依頼する必要があるといった内容で、派遣労働者の雇…

>>続きを読む
労働者派遣法の改正2
2022年01月18日

①日雇派遣の契約解除に対する休業手当の支払い  派遣労働者に責のない理由で契約が解除になった場合  休業手当を支払うのは派遣元です。  この改正では日雇い派遣の場合でも派遣元が休業補償を行い  雇用の維持に努めなければならないとされました。…

>>続きを読む
労働者派遣法の改正1
2022年01月17日

①派遣労働者の雇入れ時における教育訓練についての説明義務  派遣元で行われる教育訓練について、事前に説明をすることが義務となりました。  派遣労働は一つの職場で腰を据えてキャリアを積むことができません。  そのため、派遣元が積極的に教育訓練…

>>続きを読む
労働保険の年度更新
2022年01月14日

労働保険料は年度当初に概算で申告・納付し、翌年度の当初に確定申告の上 精算することになっており、事業主は前年度の確定保険料と当年度の 概算保険料を併せて申告・納付する必要があります。 これを年度更新といい、原則として例年6月1日から7月10…

>>続きを読む
労働保険とは
2022年01月13日

労働保険とは労働者災害補償保険と雇用保険を総称した言葉であり 保険給付は両保険制度で別個に行われていますが、保険料の徴収に ついては両保険は労働保険として一体のものとして取り扱っています。 事業主は労働者を一人でも雇っていれば労働保険に加入…

>>続きを読む
事務所衛生基準規則の改正
2022年01月12日

2021年12月事務所衛生基準規則が改正され、照度、トイレ設備、更衣室や 休憩室・休養室に変更が生じることとなりました。内容は以下になります。 照度基準 ・一般的な事務作業(PCを扱うなど情報機器作業も含める) 300ルクス以上 ・付随的な…

>>続きを読む
産前産後休業保険料免除制度
2022年01月11日

産前産後休業保険料免除制度とは、産前産後休業期間中(産前42日(多胎妊娠は 98日)産後56日のうち、妊娠・出産を理由として労務に従事しなかった期間)の 社会保険料(健康保険・厚生年金保険)が免除される制度です。 労働者側だけでなく、事業者…

>>続きを読む
労災の給付について 2
2022年01月07日

葬祭料 労働者が、通勤中や業務内容に起因して死亡した場合、葬祭を行う人に葬祭料が 支払われます。 傷病補償年金 療養補償給付を受ける労働者の傷病が、療養開始後1年6ヶ月を経過しても治らず 傷病等級に該当した場合、その状態が継続している期間支…

>>続きを読む
労災の給付について 1
2022年01月06日

労災保険法には、いくつかの労災保険給付が設けられています。 療養補償給付 通勤や業務内容に起因して負傷したり、疾病にかかったりした場合に 労災病院や労災指定病院にて無料で治療を受けられる現物給付です。 休業補償給付 通勤や業務内容に起因した…

>>続きを読む
随時改定について
2022年01月05日

被保険者の報酬が、昇(降)給等の固定的賃金の変動に伴って大幅に変わったときは 定時決定を待たずに標準報酬月額を改定します。これを随時改定といいます。 随時改定は、次の3つの条件を全て満たす場合に行います。 (1)昇給または降給等により固定的…

>>続きを読む